コロナ後に企業の本当の試練がやってくる!!

コロナ後は絶対に赤字経営は許されない

新型コロナウィルス感染拡大の第一波は漸く収束の兆しが見えてきたようです。第二波の感染拡大を警戒しながらも徐々に経済活動は戻り始めてきました。緊急事態宣言に伴い、様々な金融支援が国や自治体から打ち出されたことにより、多くの企業が危機を切り抜けたかのように見えますが、中小企業の本当の試練はこれからやってきます。

まず、「借りた金は返さなければならない」という事は子供でも分かる常識です。ところが意外と分かっていないことは「借入金の返済は利益によって得られたキャッシュによってのみ可能」だという事です。つまり借入金の返済金額以上に利益(税引後利益)が出ていないと借入金を返済するお金が足らなくなり、資金繰りが続かなくなるという事です。赤字経営では借入金の返済はできないし、当然借入金の積み増しもできないので倒産するしかないということになってしまいます。今回緊急融資を受けた企業の経営者は今後絶対に赤字経営は許されないという現実を認識し、何が何でも黒字経営をするという覚悟が求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA