これからの資金繰りにお悩みですか?

予実管理ソフトの導入をお考えならYOJiTSUをご利用ください。全ての会計ソフトに連動し予算作成も簡単、RPAで見たい分析資料を自動作成できます。通常では導入時や運用で手間がかかったりしますが、YOJiTSUなら会計ソフトのデータがあれば、すぐに予実管理をスタートできます。        →経営お役立ち情報        →導入のポイントをご紹介

経営者の皆様
経営者にとってコロナとの本当の闘いはこれからです!!事業継続のためには借入金を返済し、将来に備えて少しでも内部留保を高める努力が不可欠です。もはやドンブリ勘定では生き残れません。経営を「見える化」するYOJiTSUは経営者のお役に立てる最適な経営支援ツールです。

イメージ画像:借入金の返済・内部留保の拡充が重要

YOJiTSUなら簡単に借入金の返済計画が作成できるので
毎月の目標が明確になります

イメージ画像:YOJiTSUなら簡単に借入金の返済計画が作成できる

YOJiTSUは全ての会計ソフトと連動し
経営の現状と目標との差異を「見える化」します

イメージ画像:YOJiTSUは全ての会計ソフトと連動

YOJiTSUは借入金を返済するために必要な利益から
逆算して目標予算を自動作成することができます

予実管理ソフトを導入しよう!

予実管理ソフトの導入をお考えでしたらYOJiTSUをご利用ください。予実管理ソフト「YOJiTSU」を導入することで多くのメリットが得られます。通常は会計ソフトからのデータ集計が必要ですが、YOJiTSUなら連動しているので簡単です。

手間のかかる予算作成も変動損益計算を用いた本格的な予算を5分もあれば完成します。予算ができれば毎月仕訳をYOJiTSUへ送信するだけで様々な視点からの経営分析が可能です。さらに、RPA機能「STORY」を使えば、毎月の仕訳を送信するだけで月次報告書が自動作成されます。企業が予実管理の導入時にかかるコスト(手間や時間)を大幅に削減できます。ぜひご活用ください。

予実管理ソフトの導入ポイントをコラムでご紹介


YOJiTSUお役立ち情報をご用意

中小企業の経営者の皆様に向けて経営に関する情報をご用意しました。黒字倒産が多いって聞くけど…とか、予算を作りたいけど大企業と同じような方法で良いの…?とか、資金繰りが苦しくて…など経営における疑問を基にした内容ですのでぜひご覧ください。

YOJiTSUお役立ち情報はこちら

運営会社

クラウド予実管理「YOJiTSU」は、株式会社シスプラで運営しています。シスプラは創業30年以上、財務会計ソフト・給与計算ソフトを開発メーカーとして全国に提供しています。

運営会社 株式会社シスプラ
サービス名 YOJiTSU
代表者 椛澤均(カバサワ ヒトシ)
設立 昭和63年4月
資本金 8000万円
事業内容 ソフトウエア開発及び販売
URL https://www.syspla.co.jp/