予実管理ソフトを導入するメリットとは?予実管理で押さえておくべきポイントについて

予実管理とは、予算と実績を比較管理することで予算実績管理ともいいます。作成した予算に対し、毎月の実績が予算通りに推移しているのかを把握し、検証を行い経営改善につなげることが目的です。

数値目標による計画になるので、予算と実績の差異が明確になり、財務状況の「見える化」が図れます。予実管理をまだ行っていない企業の方のために、こちらでは予実管理のポイントと予実管理ソフトを導入するメリットをご紹介いたします。

予実管理の表とペンを持つビジネスマン

予実管理の概要とその導入メリット

予実管理は、会社に必要な利益を基に予算作成を行い、実績結果と比較し、問題点を見つけて改善点を探り、実際に対策を行うといった流れになります。

一般的にはエクセルなどで予実管理表を作り、予算と売上や経費の状況、利益・損失などを数値化することで経営上の課題を探り、改善点を検討し実際に対策を講じていきます。

予実管理の導入メリットとして挙げられるのが、経営改善のスピードが上がる点です。予実管理を行うために、毎月の会計数値が確定したらすぐに実績結果として予算と比較します。タイムリーに予算と実績の「差異」を分析することで問題点を早い段階で見つけて対処できます。経営の問題は早ければ早いほど対応にかけるコストも少なくて済みます。

もう一つのメリットとして、経営が数値化される点が挙げられます。そこそこ売れていると思っていた商品やサービスも、数値化してみると赤字であったり、人気がないと思っていた商品も意外と利益が出ていたなど、正確に把握できるようになるので、経営判断の精度を上げることが可能となります。

予実管理ソフトを導入するのでしたら、YOJiTSUをご利用ください。YOJiTSUは、予実管理により経営分析を行うクラウドソフトです。財務会計データを送信するだけで、全ての数値を変動損益計算形式に置き換え、財務会計では見えなかった様々な経営の実態を「見える化」します。

予実管理を行う際に押さえておくべきポイント

立てた人差し指とポイントの文字

予算を作ったけどその後何もしていない…、予算達成はしているので確認しなくなった…というのはよく聞く話ですが、非常に残念なことです。

予実管理は結果(実績)を検証し行動を起こすというトライ&エラーを繰り返すことで初めて効果を発揮します。

ぜひ以下のポイントを押さえて予実管理を導入する際の参考にしていただければと思います。

1.予実管理を行う環境を整える

予実管理を行うためには、毎月の実績数値を効率よくスピーディに確定し予算と比較する必要があります。これには経営者だけではなく、営業や経理スタッフの協力も必要です。可能な限り、月次で分析が行えるような体制を整えることが必要です。

加えて数値の集計が素早くできなければ、迅速な対応は実現しないため、共通のツールを利用するほうが便利です。数値の可視化と集計ができるツールを作る、あるいは予実管理システムを導入するなどの対策を行いましょう。全社で導入すれば、全体の周期時間も短縮でき、業務効率化が図れます。

2.細かい数字を気にせずに大きく捉える

予算作成や実績データなどの数字を1円単位で正確に細かくチェックしようとすると、数字のチェック作業に時間をとられてしまい、問題点の把握や対策の実行に時間がかかってしまいます。これでは本末転倒ですので、大まかに数字を捉えることがコツです。年商数億程度の中小企業であれば千円単位で捉えるくらいがよいと思います。

3.必ず検証して対策を実行する

予実管理の結果は必ず検証をしてください。予算を達成できなければ必ず原因があります。売上が低いながらも利益を出している商品や、人気だけど赤字の商品など…予算と実績という評価基準があるのでどこかに売上アップのヒントが隠れています。

商品が悪いのか、季節が起因しているのか、競合商品が原因か…、自分なりに仮説を立てて実行し、トライ&エラーを積み重ねることが成功への近道です。

予実管理ソフトを導入したい方は、まずはYOJiTSUの無料体験をお試しください。YOJiTSUは、会社に必要な資金を借入金や設備投資費も含めて来期の利益として設定、この利益から目標売上を逆算します。財務状況をリアルタイムに共有できるクラウドソフトで、OSを問わず、どのパソコンやタブレット端末でも確認することができます。

その結果として、経営者は常に予算数値を意識して、毎日の経営に取組むことが可能となります。

予実管理ソフトを導入しよう!中小企業の経営改善に最適なYOJiTSU

こちらでは、予実管理のポイントとその導入メリットをご紹介しました。予実管理では、「数値集計できる環境」、「大きく捉える」、「必ず検証・実行する」ことがポイントとなります。経営を可視化しやすくするためのツールやクラウドシステムなどを活用し、「見える」予実管理を行っていきましょう。

予実管理ソフトを導入したい方は、ぜひ一度YOJiTSUをお試しください。YOJiTSUは、予実管理を行うクラウドソフトです。全ての会計ソフトから財務会計データを取込み、予算と実績比較をベースにした様々な分析、資金繰り予測などが可能です。また、借入金を考慮した目指すべき予算が簡単に作成できます。ぜひお役立てください。

運営会社

クラウド予実管理「YOJiTSU」は、株式会社シスプラで運営しています。
シスプラは創業30年以上、財務会計ソフト・給与計算ソフトを開発メーカーとして全国に提供しています。

運営会社 株式会社シスプラ
サービス名 YOJiTSU
代表者 椛澤均(カバサワ ヒトシ)
設立 昭和63年4月
資本金 8000万円
事業内容 ソフトウエア開発及び販売
住所 〒370-0006 群馬県高崎市問屋町3丁目10−3
URL https://www.syspla.co.jp/