予実管理がエクセル・関数を使わず簡単に!今さら聞けない「資金繰り」の基礎知識

会社の経営を維持していく上で必要不可欠な「資金繰り」ですが、そもそも資金繰りとはどういうものでしょうか?一般的に資金繰りといえば「お金を工面する」「資金調達のために融資を受ける」といったイメージがあります。また、「資金」や「利益」、「キャッシュフロー」という言葉もあり、その意味を混同してしまう方も多いのではないでしょうか。

ここでは、経営者なら把握しておきたい基礎知識として「資金繰りとは何か?」「資金と利益の違い」「キャッシュフローと資金繰りの違い」について解説します。また、エクセルや関数を使わず資金繰り管理がシンプル・簡単にできる予実管理ツールYOJiTSUをご紹介します。財務会計ソフトと連動し、経営数値を見える化して経営をサポートいたします。

そもそも「資金繰り」とは?

ビルのイラストとお金のマークを掴む手

資金繰りとは、簡単にいうと資金の流れの管理です。売上として会社に入ってくるお金と、仕入れや経費など出ていくお金の管理を行い、資金の流れをコントロールすることをいいます。

ここでいう「資金」とは、現金や預金、有価証券など、支払いとしてすぐに利用できるお金を指します。すぐに解約することができない定期預金や貸付金、現金化に時間のかかる不動産などは、「資産」とはなっても「資金」にはなりません。

経営者は、常に会社のお金の出入りを把握し、支払いが滞らないよう資金繰りを行っていかなければなりません。資金繰りが上手くいかないと、どのような問題が起きるのでしょうか。

例えば、「従業員に給与が支払えなくなる」「取引先への支払いができない」などの問題が起こり、最悪の場合は黒字でも倒産の危機に陥ってしまいます。企業は利益を出すだけでなく、資金繰りをしっかり行うことも重要なのです。

「資金」と「利益」の違いとは?

資金と利益が書かれた紙を持つビジネスマン

資金繰りにおいては「資金」や「利益」という言葉がよく出てきますが、2つの言葉の意味をご存じでしょうか?

利益とは、一般的にイメージされているように「会社の営業活動から生まれたプラスのお金」です。一方「資金」とは、上記で述べたように「すぐに支払える現金や預金などのお金」です。

中には「利益=資金」と考えている経営者の方もいますが、帳簿上の利益が資金を表しているわけではありません。例えば売上が発生すると、帳簿上は売上と利益が計上されますが、実際の入金が2ヶ月後であれば、手元の資金が増えたわけではありません。

「利益が出ているのに、手元にお金が残っていない」という経験をした経営者の方も少なくないでしょう。いわゆる勘定合って銭足らずという状態で、これは利益と資金が一致していないことから起こるものです。利益がどれだけ多くても、資金が不足すれば会社を経営できなくなるおそれがあります。

「キャッシュフロー」と「資金繰り」は同じではない?

「資金繰り」と混同しがちな言葉に「キャッシュフロー」がありますが、実は意味合いが異なります。キャッシュフローは、資金繰りと同様に「現金の出入りの流れを把握すること」を意味するものです。ただし、資金繰りとは現金の流れを把握する目的が若干異なります。

資金繰りの目的は「近い未来のお金の流れを把握すること」です。例えば、今月売り上げた代金が1,000万円入るが、来月3,000万円を支払うため資金が不足する、といった今後のお金の動きを把握するのが資金繰りです。つまり資金繰りを管理するというのは、将来の資金不足を事前に予測することになります。

一方キャッシュフローは、過去のお金の流れを把握することが主な目的です。今期は現金がいくら増え、いくら支出があったかといった、過去の資金の流れを分析することが目的となります。資金が不足した原因を分析し、今後の具体的な対策を立てるためには不可欠です。

会社を経営していく上では、それぞれ資金繰り表やキャッシュフロー計算書を作成し、管理していくことが重要です。

エクセル・関数を使わず資金繰り管理も簡単に!予実管理サービスYOJiTSUは無料お試し体験実施中

会社を経営していく上では、資金繰りの管理が極めて重要です。エクセルなどを使い、自社で資金繰り表を作成している経営者の方も多いですが、経営改善には上手く活用できていないケースも少なくありません。

クラウド予実管理ツールYOJiTSUなら、「資金繰予定表」で将来起こりうる資金不足をいち早く発見できます。「エクセルの操作が苦手」「数学や関数などの知識がない」という方でも、シンプルでわかりやすく使えるクラウド予実管理サービスです。財務会計ソフトと連動し、経営数値の“見える化”で企業経営をサポートいたします。

これまでエクセルや関数で予算管理を行い面倒に感じていたものの、他のツールの導入には至らなかった…という経営者様から大変喜ばれています。予実管理・資金繰り・財務会計はもちろん、エクセルでは見えなかった様々な経営の実態を「見える化」します。

予実管理システムYOJiTSUは今すぐ無料体験もお試しいただけますので、ぜひご検討ください。

運営会社

クラウド予実管理「YOJiTSU」は、株式会社シスプラで運営しています。
シスプラは創業30年以上、財務会計ソフト・給与計算ソフトを開発メーカーとして全国に提供しています。

運営会社 株式会社シスプラ
サービス名 YOJiTSU
代表者 椛澤均(カバサワ ヒトシ)
設立 昭和63年4月
資本金 8000万円
事業内容 ソフトウエア開発及び販売
住所 〒370-0006 群馬県高崎市問屋町3丁目10−3
URL https://www.syspla.co.jp/